PHPで配列の要素数(長さ)をカウント(count())

PHPで配列の要素数を調べるにはcount関数が便利です。

多次元配列で、配列の中の配列まで再帰的にカウントする方法もご紹介します。

countを付けるだけで簡単に件数を表示させたり、繰り返し処理の際に使ったりできます。

 

続きを読む

PHPのforeachで配列処理(HTML埋め込みでもスッキリな書き方も)

プログラミングの配列処理は初心者には敷居が高いですね。私も苦労した覚えがあります。

ただPHPで配列を処理する場面は多く、必須のスキルとなるため頑張って覚えていただきたいと思います。

foreach()を使った配列処理を初心者の方にも理解できるよう、できるだけ分かりやすくお伝えします。

 

続きを読む

PHPのfor文で繰り返し処理(HTML埋め込みでもスッキリな書き方も)

PHPでのfor文の基本的な書き方から、HTMLに埋め込んでもキレイにスッキリ書く方法などもご紹介します。

HTMLの中に通常のfor文のコードを埋め込むとソースが汚くなり、閉じ忘れや閉じ過ぎなどのネスト地獄に陥り、思わぬミスを誘発します。

この書き方で、ネストエラーを防ぎましょう。

 

続きを読む

PHPでif文(HTML埋め込みでもスッキリな書き方も)

PHPでのif文の基本的な書き方から、HTMLに埋め込んでもキレイにスッキリ書く方法などもご紹介します。

HTMLの中に通常のif文のコードを埋め込むとソースが汚くなり、閉じ忘れや閉じ過ぎなどのネスト地獄に陥り、思わぬミスを誘発します。

この書き方で、ネストエラーを防ぎましょう。

 

続きを読む

PHPでANDやORなどの論理演算子を使いこなす(&&や||など)

よくANDORなどと呼ばれる、条件を複数指定する場合に用います。

表記は2つずつありますが、記号(&&||など)を用いることが多いようです。

厳密に言うと優先順位などが変わってきますが、普段はどちらかに統一してプログラムすれば問題はないでしょう。

ただ、基本的なルールを知っておくことで、思わぬところでハマったりすることもなくなるでしょう。

 

続きを読む

PHPの比較演算子で条件分岐も自由自在

2つの値を比較して、大きい、小さい、等しい、等しくないなど、両者を比較する演算子です。

例えば、if文などの条件分岐で「年齢が20歳以上だったら「成人」と表示させる」というような判定をする場合によく用いられます。

ただ、型を意識しないと、思わぬところでハマってしまうこともあるため、=====を使い分けてスピーディにコーディングしていきましょう。

 

続きを読む