jQuery

jQueryでalert()を使ういろいろな方法

alert()はダイアログを表示させるjavascriptのメソッドです。

jQueryでalert()を表示させる基本的な方法から、confirm()で「OK」「キャンセル」のダイアログを表示させたり、入力ダイアログを表示させる方法などをご紹介します。

 

続きを読む

jQueryのlengthで要素や文字列、配列をカウント

jQueryのlengthは要素や文字数、配列の値をカウントしてくれます。

単純に文字数を数えたり、要素が存在するか、配列に値が入っているか判定したりと便利なプロパティです。

同様の処理をするsize()はjQuery3.0で廃止されたため、lengthでカウントしましょう。

 

続きを読む

jQuery.trim()で前後の空白などを削除

jQuery.trim()は文字列の前後にある空白を削除する便利なメソッドです。半角空白だけでなく、全角空白、改行やタブも削除できます。

送信された文字列やインポートしたファイルに混入した余計な空白などを一発で削除できますね。

ただし、文字列の先頭と最後の空白しか処理されないため、中間にある空白は削除されません。

 

続きを読む

jQueryでsplit()を使って文字列を分割

jQueryで文字列をバラバラに分割できるsplit()を扱う方法のご紹介です。split()は文字列に含まれる,(カンマ)や/(スラッシュ)等の特定の文字で分割し、配列として返してくれますので、csvデータをカンマで分割したり、改行の箇所で分割したりといろいろと使えますね。

 

続きを読む

jQueryのnot()で要素を除外するいろいろな方法

jQueryで特定の要素を除いて処理をさせる場合はnot()を使うと便利です。奇数を除いて偶数の要素にのみ色を付けたり、選択した要素以外に処理を設定することも可能です。

メソッドタイプのnot()とセレクタに指定する:not()も併せてご紹介します。

 

続きを読む

jQueryでメガメニューを簡単自作

jQueryでプラグインに頼らず、簡単にメガメニューを実装する方法のご紹介です。

プラグインを使わなくても意外と簡単にヌルヌル動くメガメニューを実装できますので、ぜひ試してみてください。

 

続きを読む

jQueryのeq()で順番を指定する方法

特定の要素にのみ処理をさせたり、順番を取得する際に便利なeq()メソッドはいろいろな場面で使うことになるでしょう。

基本的な使い方はもちろん、最後から数える方法や、複数の要素を取得したり、変数化した順番を指定したりとさまざまな使い方をご紹介します。

よく使うメソッドですので、これを機に使いこなせるようになりましょう。

 

続きを読む

jQueryでタブメニューを簡単に自作する2つの方法

jQueryでプラグインに頼らず、簡単にタブメニューを実装する方法のご紹介です。

プラグインを使わなくても意外と簡単に実装できますので、ぜひ試してみてください。

CSSでデザインする方法と、画像を使う方法の2パターンをご紹介します。

 

続きを読む