PHPのヒアドキュメントでの出力方法と、よくあるエラー

PHPで改行混じりの長文などを出力する際に便利な、ヒアドキュメントをご紹介します。

ダブルクォートで囲わなくても、エスケープを気にせずとも簡単に出力できますが、思わぬエラーで軽くハマることもありました。

ヒアドキュメント構文のよくあるエラー解決法もご紹介します。

 

続きを読む

PHPで数値をチェックする4つの方法を比較

PHPで数値なのかをチェックする方法はis_numeric()での判定とpreg_match()を使った正規表現での判定が多いですが、それぞれ判定がゆるかったり、処理が多少重いなど特長があります。

数値型しかtrue判定しない厳密な関数や、数値判定に特化した関数など、4パターンご紹介します。

使いたい目的にあったものをチョイスしていきましょう。

 

続きを読む

PHPで文字数(文字列の長さ)と日本語の文字数を取得(strlen,mb_strlen)

PHPで文字列の長さを取得したい場合はstrlen()を使います。

ただ、日本語などのマルチバイト文字列は長さが3倍になったりするので、mb_strlen()を使いますが、それでも文字数が狂う場合もあります。

これはPHPの設定の問題ですが、きちんとエンコード指定をすれば解決できます。

文字数を指定した数に丸める方法などもご紹介しますので、簡単に使いこなしましょう。

※本記事ではエンコードはUTF-8です。

 

続きを読む

PHPで乱数を生成する方法(rand,mt_rand)

PHPで乱数を生成する関数はrand()mt_rand()がありますが、mt_rand()の方が「よりよい乱数」を生成するとして推奨されています。

基本的な使い方から、乱数を使ったサンプルをご紹介します。

 

続きを読む

PHPのswitch文による条件分岐を使いこなす方法

PHPのswitch文で複数の条件分岐を処理する方法をご紹介します。

条件分岐ならif文が一般的ですが、いくつものelse ifが続くような条件分岐だとswitch文が便利です。

ただ、PHP特有のゆるい型変換に苦しめられることもあるでしょう。

そんなswitch文の使い方と、注意点を理解すれば、面倒な条件分岐も簡単に使いこなせるでしょう。

 

続きを読む

PHPのincludeとrequireの使い方と違いを比較

PHPで外部ファイルを読み込む以下4つの使い方と、それぞれの違いをご紹介します。

  1. include
  2. include_once
  3. require
  4. require_once

なんとなくrequire_once()で引っ張ってきていましたが、両者には違いもあります。

まずはそれぞれの特長を把握し、使うシーンによって両者を適切に使い分ける方法も身につけましょう。

 

続きを読む

PHPのhtmlspecialcharsでのHTMLエンティティ化と、一文字に簡略化方法

PHPでechoなどを使って表示させる際に使うhtmlspecialchars()(長いw)はみなさんも使ってるかと思います。

ただ、つい付け忘れたり、ダブって付けたりしているケースもあります。

セキュリティ上、出力時には必ず付けたい関数ですが、長ったらしくてソースが汚くもなりますね。

今回はこの関数の使い方と、短縮してたった一文字で簡単に使う方法をご紹介します。

 

続きを読む

PHPでの改行方法(ブラウザとソース表示)と改行できない場合の対処法

PHPで改行させたいとき、意外とハマりました。

ブラウザで改行させても、ソースでは改行されていなかったり、改行文字が反映していなかったり…

HTML改行タグと改行文字を分けて考える必要がありました。

改行文字が反映しない場合や、改行文字の前にHTMLの改行タグを入れてくれるnl2br()も紹介します。

この記事を読めば、PHPの改行を使いこなすことができるでしょう。

 

続きを読む