PHPでANDやORなどの論理演算子を使いこなす(&&や||など)

よくANDORなどと呼ばれる、条件を複数指定する場合に用います。

表記は2つずつありますが、記号(&&||など)を用いることが多いようです。

厳密に言うと優先順位などが変わってきますが、普段はどちらかに統一してプログラムすれば問題はないでしょう。

ただ、基本的なルールを知っておくことで、思わぬところでハマったりすることもなくなるでしょう。

 

続きを読む

PHPの比較演算子で条件分岐も自由自在

2つの値を比較して、大きい、小さい、等しい、等しくないなど、両者を比較する演算子です。

例えば、if文などの条件分岐で「年齢が20歳以上だったら「成人」と表示させる」というような判定をする場合によく用いられます。

ただ、型を意識しないと、思わぬところでハマってしまうこともあるため、=====を使い分けてスピーディにコーディングしていきましょう。

 

続きを読む

PHPの三項演算子で一行で簡単に条件分岐

PHPの条件分岐ではif文をよく使いますが、1行で条件分岐できるのでたまに見かけますね。

ただ、独特の記述になるのと、型を意識しないと思わぬ挙動となるため、嫌われている存在でもあります。

使うことがない人も、他人のソースコードを理解できるように意味を分かっておくと、作業も進みますし、これを機会に覚えてみませんか?

 

続きを読む

PHPで日付が正しいかチェックする方法

PHPで日付の妥当性をチェックするプログラムです。

checkdate()を使えばうるう年にも対応したチェックが簡単にできます。

日付の形式だけをチェックするならstrptime()でサクッとチェックできますよ。

 

続きを読む

PHPで文字列をHTMLに出力するいくつかの方法

echo

PHPプログラムでHTMLに文字列を出力する際、echoやprintなどを使います。

わたくしはなんとなくechoを使っていましたが、print派の人もいて、違いは何でしょうか。

それ以外にも、文字列などを括る引用符でシングルクオートやダブルクオートなど、使う人によってバラバラだと思います。

これからご紹介するさまざまな出力方法で、適切な文字列の出力が実現できるでしょう。

 

続きを読む

PHPの代入演算子で「=」よりもシンプルに代入する方法

変数などでよく使用する=(イコール)を代入演算子といいます。

右辺と左辺が同じという意味ではなく、右辺の値を左辺に代入する意味合いになります。

参考:phpの変数についてはこちら

通常の=(イコール)よりもシンプルに代入する方法もご紹介します。

他にもトリッキーな方法などいくつかのやり方がありますよ。

 

続きを読む

PHPの定数を使いこなす

defined

PHPの定数と変数をどう使い分けるのか、使いドコロがイマイチ分からないという方も多いのではないでしょうか。

定数は途中で書き換えができないなど、変数とは違うルールがあります。

変数だと途中で値を上書きしてしまい、上手くプログラムが動かなくなることもあるため、ハマってしまうことも…。

そんな時は定数を上手く使うと良いですね。

 

続きを読む

PHPでの文字化けを今のところ100%回避している対処法

きちんと文字コードの設定をしたはずなのに、PHPのプログラムが以下のように文字化けしてしまうことはありませんか?

文字化け

原因は設定した文字コードと、ファイルの文字コードの設定が合っていない場合がほとんどです。

一般的な方法と、私自身がいつも行っている簡単で100%確実に文字化けを直す方法をご紹介します。

(ここではUTF-8での例をご紹介しています。)

 

続きを読む